奈良 九品寺

奈良の九品寺へ
b0148050_18201896.jpg






お寺のことをググってみたら・・

『九品寺を開いたのは奈良時代の僧、行基です。
行基は聖武天皇のとき奈良東大寺の大仏造営にかかわった僧で、その生涯は民衆救済のため布教活動を続けています。
さて、九品寺はサンスクリット語で、その意味は布教でいう上品・中品・下品で、人間の品格をあらわしています。
上品の中にも上中下があって中品や下品にもそれぞれ上中下があります。全部で九つの品があるので九品と名づけられています。その九品寺のご本尊は木造阿弥陀如来像で、国の重要文化財に指定されています。

 楢原氏は南北朝の戦いのとき、南朝に味方していた楠木正成公のため一族を引き連れて参戦しています。その戦いに行くとき、一族は身代わりのため石仏を彫って菩提寺だった九品寺に奉納したのが、いまに伝える千体石仏です。』

b0148050_18202194.jpg
静かでいい感じ
b0148050_18202390.jpg

b0148050_18202529.jpg
あじさいの綺麗な季節
b0148050_18202847.jpg

b0148050_18203053.jpg

b0148050_18203277.jpg
本堂の裏手に石仏がたくさん
b0148050_18203992.jpg

b0148050_18204362.jpg

b0148050_18204838.jpg

b0148050_18220576.jpg

b0148050_18220743.jpg

b0148050_18220906.jpg

b0148050_18221138.jpg
千体石仏
その奥にずらーーっと
圧巻です
b0148050_18221343.jpg
綺麗なお庭でした
b0148050_18221586.jpg
境内には大きな桜の木がありました
春にまた来てみたい


by yamayama59m | 2018-06-24 20:18 | 神社仏閣 | Comments(0)

近くの山へ~金剛山~


by yamayama59m